茶懐石

茶懐石

茶懐石は茶事で頂く食事のこと、本来家庭で調理し、
お客様をおもてなしをする料理であり、その様式美は日本の伝統文化を表現しています


FLUSHは流派を問わず、家庭でできる「おもてなし料理」を提案します。

かつおと昆布でだしを取ることから始め、時候に合う向付から八寸を実習します。
食材の知識、調理法だけでなく、盛り付けの美しさも身につけましょう。

茶懐石専用サイトにて「体験講座日程」をお知らせしています、ご覧ください。

 

コース 受講日/回数・時間 1ヵ月
お1人の会費
A 茶懐石専科
会員の方へ会場と日時を
ご案内致します /1回
11:00~15:00
¥15,000
茶事をなさる為の時候に合わせた向付から
八寸を抜粋して実習します
B 茶懐石入門 第2金曜/1回
11:00~13:00
または
18:30~20:30
¥10,000
第2土曜/1回
11:00~13:00
茶懐石の初歩・調理基本を、
割り稽古のように実習を進行させます。 
調理基本をきちんと習得したい方に
茶懐石入門個人レッスン ご相談日時/1回 2時間 ¥30,000
茶懐石入門グループレッスン ご相談日時/1回 2時間
お1人様¥13,000
3名様以上のグループでお申込みください。
茶懐石出張講座 ご相談日時/1回 2時間
一講座 ¥30,000  材料費は含まず

講座終了時間は目安です、余裕をもってご参加下さい。

テーマ 内容・季節の食材・他
5 初風炉、端午の節句 アイナメ、豆類、新牛蒡、
じゅん菜などの、初夏らしい食材を
涼しげに調理。
6 雨中の茶
7 七夕祭、納涼 朝茶や精進に向く献立実習と、
盛夏は衛生面と健康維持
に配慮し、調理時間を短縮する工夫を。
8 朝茶、盂蘭盆会
9 月見の茶、重陽の節句

銀杏、小芋、鯖、むかご、シメジ、

栗、菊花などでお月見や菊の節句を

楽しむ演出や、名残の風情を。

10 名残り
11 炉開き 鯛、京人参、ホウレン草、海老芋、
蕪、百合根、黄柚子などを、
開炉のお目出度い気持ちを表す
献立と調理法で
12 歳暮、夜咄
1 初釜 初釜は祝肴、なますなど。
節分、暁は根菜類を使った焚合せや
蒸し物で身体の温まる調理を。
2 節分、暁
3 利休忌、雛祭り 針魚、白魚、鯛、蛤などに、
ウド、木の芽、ワラビ、筍他の
山海の幸を点心に。
4 花見

出張講座のみ会費に材料費を含みません、詳細はお問い合わせ下さい。
上記会費の他に入会金を申し受けます。
ご質問、お問い合わせはメールまたは、電話052-732-7000へどうぞ

Copyright© Since 2000. FLUSH, All Rights Reserved. http://f-tpl.com